クリーニング店の女性店員Dさんの体験談【男性客から連絡先を渡された】

男性客から連絡先を渡された・クリーニング店の女性店員Dさん

仕事中に男性客から連絡先を渡された、クリーニング店の女性店員Dさんの体験談をご紹介します。

 

Dさんの職業はなんですか?

 

 

20代後半でクリーニング店のパート店員です。受付スタッフは3人で繁忙期以外は店内に1人で業務を行います。午後→午前→休日のサイクルを交代でこなす変わったシフトでした。

 

どんな男性でしたか?

 

 

連絡先を渡してきた男性客のSさんは大学生くらいで、背が低めで幼く見える方でした。

 

真面目そうに見えました。

 

アイロンのかかった黄色と緑のブロックチェックのシャツを着てらしたのを覚えています。垢抜けたところはなかったのですが、爽やかな印象でした。

 

全体的に小柄で威圧感はありませんでした。

 

どのように連絡先を渡されましたか?

 

 

クリーニング店で、最初にSさんに応対したのは商品のお返しでした。

 

会員の方は専用のトートバッグをお渡ししているのですが、Sさんは会員にはなっていなかったとのことで、かさばってしまうけれどビニル袋3つ分の大荷物をお返ししました。

 

私はすぐに次の方の接客に取り掛かったのですが、そのお客様は衣類がおおく会員専用のトートバッグに入らなかったらしく、荷物をまとめるのに苦労されているようでした。

 

二人目のお客様がお店を出られた時に、Sさんがお店のトートバッグに気づかれたようで、「会員になったらあのトートバッグをもらえるんですか?それとも別に買うんですか?」と質問をいただきました。

 

会員になって頂いた方に無償でお渡ししてますので、そうお答えすると、「今からでも入会できますか?」と尋ねられ、商品をお預かりするとき説明がなかったのか確認したところ、説明はあったけれど、そのときは不要だと思ったとのことです。

 

それから会員手続きをして、その日はお帰りになりました。

 

別の日にSさんが来られたという話を他のパートさんから伺いました。「今日はDさん(私)、いらっしゃらないんですね」とおっしゃられたとのこと。

 

「私に何か用事でもあったのかな?」と、他の店員さんと話をしていました。

 

それから数日後にSさんがお洗濯物を預けに来られて対応しました。

 

前回の会員手続きの件で、Sさんからお礼を頂き、「Dさん、これからお世話になると思うのでよろしくおねがいします」とおっしゃって頂けたので、業務上のご挨拶を返しました。

 

Sさんは就職活動中ということで、それから何度かYシャツやスーツのクリーニングでご来店頂きました。

 

クリーニングの受付のとき、お預かりする衣類のチェックをする時に自然と世間話をします。

 

衣類の保管の相談に乗ったり、何度かお話をして1ヶ月くらい経った時に、「笑顔が好きです、付き合ってください。」とお申込みいただき、メールアドレスを書いたメモをもらいました。

 

その男性に連絡をしましたか?

 

 

とにかく連絡先を受け取って欲しい。

 

返事は今でなくメールでと言われたので、一瞬、こちらのメールアドレスを抜くのが目的かとも疑ったのですが、会員登録で住所や連絡先を頂いてましたので、あまり勘ぐらなかったと思います。

 

メールアドレスを告白用に取得し直したのか、男の子が持つには少しロマンチックな単語だったのが微笑ましくもあり、捨てアドかなとも疑いましたが、悪い人には見えなかったので返信しました。

 

女性店員に連絡先を渡して、付き合える可能性はあると思いますか?

 

 

状況にもよりますが、あると思います。