ホームセンターの女性店員Cさんの体験談【男性客から連絡先を渡された】

男性客から連絡先を渡された・ホームセンターの女性店員Cさん

仕事中に男性客から連絡先を渡された、ホームセンターの女性店員Cさんの体験談をご紹介します。

 

Cさんの職業はなんですか?

 

 

大学生の頃、ホームセンターでレジ接客のアルバイトをしていました。

 

ホームセンターとはいっても少し特殊で、早朝7時から職人さん向けに開店している店舗で、業務内容はレジ接客だけに限らず、店内での接客など、広範囲の業務内容をしなければなりませんでした。

 

早朝からのアルバイトはなかなか人が集まりにくいため、週5で働いていました。大学の授業前に働けるし、早朝手当が出て稼げるのが、私には好条件でした。

 

どのように連絡先を渡されましたか?

 

 

お客さんのほとんどが職人さんで、仕事前に資材などの買い物をしていく人が多く、お店は朝からいつも大忙しでした。

 

レジ対応はもちろんしなければならないのですが、広い店内の各場所に、「切り売り販売」の商品がいくつもあって、お客さんから声をかけられると、その場所まで従業員が都度必要分を計測してお渡ししなければなりません。

 

その日、一人の作業服を着た40歳前後のおじさんに、ホースの切り売り販売をして欲しいと頼まれました。ホース売り場は広い店舗の一番奥の箇所に設置されていたため、他の従業員やお客さんから見られるような場所ではありません。

 

何度か顔を見かけたことのあるお客さんでしたし、そもそも特に怖い思いをしたことがありませんので、当たり前のように一人で接客に向かいました。

 

ホースの長さを測ったり、切ったりまとめたりという作業は妙に時間がかかります。

 

本来ならその間、無言の状況というのもなかなか気まずいものなのですが、この男性は妙に積極的に話しかけてきました。

 

気を遣ってくれているのかとも思いましたが、「学生なん?」「なんでこんな男臭いところで働いてるの?」「時給なんぼ?」という具合に、結構踏み込んだ会話を投げかけてきました。

 

適当に愛想よく答えてはいたのですが、「やっぱり学生だし、遊ぶお金欲しいじゃないですか」というようなニュアンスの返事をすると、「それやったらおじさんが君の1ヵ月分のお給料あげるから遊びに行こや」と言いました。

 

「は?」とは思ったのですが、正直驚きよりも恐怖感が出てしまいました。

 

店舗の奥の誰もいない場所で、おじさんと二人きりになりナンパ的な誘いをされるとは思ってもみませんでしたから。

 

返事をできないでいると、コンビニのレシートの裏に電話番号とメールアドレス(当時はラインはありませんでした)を書いて渡されました。「いつでも連絡して」とのこと。ホースの切り売りの作業中だったのですが、商品は受け取らずに帰ってしまいました。

 

その男性に連絡をしましたか?

 

 

その時は本当に怖くてびっくりしてしまって、ナンパの経験ならありましたが、面と向かって自分がおじさんの恋愛の対象になっているという状況に遭遇したことはありませんでしたので、すぐに男性の社員に今起こった出来事を話しました。

 

社員の人は本当に良い人で、すぐに私から連絡先を書いた紙を取り上げて、「こんなん忘れてしまい。ほっといたらええ」と言って、紙を持って行ってしまいました。

 

この後何があったのかはわかりませんが、そのおじさんが買い物にくることはなくなりました。もちろん返事もしていません。

 

私の場合は少し特殊だったのですが、女性の学生アルバイトは他の時間帯にもいましたので、店全体で今回のことがちょっとした事件になりました。

 

客層がそこまで良いわけではないので、店としてもある程度の対策をしてくれました。「女性従業員一人で切り売り業務はできるだけしないように」というような具合です。

 

女性店員に連絡先を渡して、付き合える可能性はあると思いますか?

 

 

よほど仲の良い常連さんでさえ、あくまでも客と従業員という関係を前提にしたものです。その関係を前提にしているからこそ、従業員だって愛想よくしますし、仲良くもなれるんです。

 

それ以上に、個人的な関係になれることなんて、よっぽど男性側が神がかり的に魅力的でない限り、ありえません。

 

めちゃくちゃかわいい店員さんが簡単に引っかかるというような都合の良い場面なんて、そんな簡単に巡り合えるとは思いません。

 

無駄な時間に力を注ぐのではなく、お店で接する限り、楽しく会話をすることで満足するのが一番幸せだと思います。